新品中古購入との違い

コピー機等の新品での購入とリースを利用した導入との違いですが、まず大きな差は初期にかかる費用の額になります。新品購入の場合には、一台何十万円、商品によってはより高額の商品も最初に支払う必要があります。複数台導入をする必要がある場合には、何百万円とかかってきますので、その費用は運用資金を圧迫することになります。新品で導入するメリットとしては、好きな商品から選べること、または会社の持ち物となりますので、途中で買い替えたいと思ったら、好きな時に別の商品に買い換えることができます。大企業であればそれも可能ですが、小さなオフィスであれば、なかなか現実的ではありません。中古商品の場合のメリットは、新品よりも安く買える点にありますが、既にある商品の中から選ぶ必要がありますので制約があります。ただしランニングコストだけが必要になりますのでトータルで考えると安上がりと考えることができます。

新品や中古での購入方法よりも、最も安く初期費用を抑えて導入できることを考えると、やはりリースを利用しての導入が最もお勧めの方法となります。保守契約をすることで、トラブルが発生した際にも見てもらうことができますし、トナー代等も月額料金に含まれていますので、安心して利用することが可能です。