専門サイトの活用方法

オフィス機器の導入にリース導入がお勧めですが、実際にはどのように申し込むかというと、現在ではオンラインで簡単に相談や見積り依頼をすることができますので、専門サイトを検索すると良いでしょう。どのコピー機にするべきかという点については、まず会社での月間印刷枚数を算出します。コピー機とは、その印刷スピードによって値段が変わってきます。高額な商品程スピードが速く、安い商品程スピードが遅いということになります。月間出力枚数に対して、どれほどのスペックと機能が必要になるかを具体的にすることで、必要な商品が分かります。

例えば、毎月大量に出すオフィスにおいて、印刷スピードが遅い商品を導入してしまうと、仕事に差し支えてしまいます。逆に、それ程必要のないオフィスで高速スピードで印刷できる商品を導入しても、オーバースペックになってしまいますので、高額商品を導入する必要はなかったということになりますので、会社によって必要な機種は異なります。つまり、価格だけを見て選ぶのではなく、必要な機能、スピードを考えて選ぶ必要がありますので、注意するようにしましょう。社員としっかり話し合って、必要な機能は何かを具体的にし、リース会社に伝えることで、最適な商品の提案をしてもらうようにしてください。

≪参照サイト≫コピー機リース特集 | コピー機・複合機のリースや中古品ならOAランド


新品中古購入との違い

コピー機等の新品での購入とリースを利用した導入との違いですが、まず大きな差は初期にかかる費用の額になります。新品購入の場合には、一台何十万円、商品によってはより高額の商品も最初に支払う必要があります。複数台導入をする必要がある場合には、何百万円とかかってきますので、その費用は運用資金を圧迫することになります。新品で導入するメリットとしては、好きな商品から選べること、または会社の持ち物となりますので、途中で買い替えたいと思ったら、好きな時に別の商品に買い換えることができます。大企業であればそれも可能ですが、小さなオフィスであれば、なかなか現実的ではありません。中古商品の場合のメリットは、新品よりも安く買える点にありますが、既にある商品の中から選ぶ必要がありますので制約があります。ただしランニングコストだけが必要になりますのでトータルで考えると安上がりと考えることができます。

新品や中古での購入方法よりも、最も安く初期費用を抑えて導入できることを考えると、やはりリースを利用しての導入が最もお勧めの方法となります。保守契約をすることで、トラブルが発生した際にも見てもらうことができますし、トナー代等も月額料金に含まれていますので、安心して利用することが可能です。


リース導入のメリット

リース契約でオフィス機器を導入する仕組みとメリットについて説明します。導入の仕組みとは、リース会社が、導入をする会社に代わってオフィス機器を購入し、決められた期間を設定し、貸出を行う「リース」システムとなり、会社側としては、オフィス機器を「借りる」契約となりますので、審査が比較的簡単で通りやすく、導入しやすい方法となります。リース会社は商品を直接販売を行っていませんので、メーカー側との間に入って導入しやすくしている会社となります。

まずは会社の条件にあったコピー機や複合機の商品の提案をしてもらい、気に入った商品があればそれについてリースの申し込みをします。審査が通れば契約となり、商品が納品され、決められた月額を支払うという流れになります。銀行の借入れ審査よりも早く済む為、導入にかかる時間も時短することができて便利です。

リースを利用して導入する大きなメリットは、初期費用がほとんどゼロで導入できるという点が挙げられます。また、リース会社の所有物となる為に面倒な税金や諸手続き等の事務的負担が不要であること、また、経費計上ができますので経理的処理が簡単に済むということもメリットと言えるでしょう。


コピー機の導入方法

オフィスの立ち上げに際し、事業主の方が頭を悩ませる原因の一つにオフィス機器の導入があります。コピー機や複合機等のオフィス機器は職場にはなくてはならないものですが、初期投資はできるだけ抑えたいと考えるものです。銀行から借入れた運用資金を最初に使ってしまうことは不安も残ります。そこでお勧めの導入方法として、リースを利用した方法になります。

コピー機等のオフィス機器の導入方法は、リース契約での導入、新品の購入、または中古品の購入の3パターンが一般的とされています。それぞれにメリット・デメリットがあり、条件や目的、機能や予算、事務的負担等を考慮して選択する必要があります。コピー機の種類、導入方法については、料金の安さや性能が高いからといって、そのオフィスに適しているとは限りませんので注意が必要です。使用する社員の人と一緒に、本当に必要なコピー機は何かということを考えて選ぶ必要があることを知っておきましょう。

新品での購入や中古での購入方法では、会社の持ち物となりますので、様々な事務作業や税務処理が伴います。また、初期投資にも大きく関わってきますので、不適切な購入をしてしまうと後々の経営にも影響してしまいます。そこで比較的手軽に導入できる方法として、リースを利用した導入方法について紹介します。これから新規で会社を立ち上げる、またはオフィスを構えるという事業主の方に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。