コピー機の導入方法

オフィスの立ち上げに際し、事業主の方が頭を悩ませる原因の一つにオフィス機器の導入があります。コピー機や複合機等のオフィス機器は職場にはなくてはならないものですが、初期投資はできるだけ抑えたいと考えるものです。銀行から借入れた運用資金を最初に使ってしまうことは不安も残ります。そこでお勧めの導入方法として、リースを利用した方法になります。

コピー機等のオフィス機器の導入方法は、リース契約での導入、新品の購入、または中古品の購入の3パターンが一般的とされています。それぞれにメリット・デメリットがあり、条件や目的、機能や予算、事務的負担等を考慮して選択する必要があります。コピー機の種類、導入方法については、料金の安さや性能が高いからといって、そのオフィスに適しているとは限りませんので注意が必要です。使用する社員の人と一緒に、本当に必要なコピー機は何かということを考えて選ぶ必要があることを知っておきましょう。

新品での購入や中古での購入方法では、会社の持ち物となりますので、様々な事務作業や税務処理が伴います。また、初期投資にも大きく関わってきますので、不適切な購入をしてしまうと後々の経営にも影響してしまいます。そこで比較的手軽に導入できる方法として、リースを利用した導入方法について紹介します。これから新規で会社を立ち上げる、またはオフィスを構えるという事業主の方に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。